ドゥーテストの濃い陽性から何時間がベスト?

ドゥーテストは、感度が体にちゃんと合っていた場合、排卵の36時間前に濃い陽性反応を示すそうですね。しかし、そうだからと言って、36時間後に性交渉を行えば良いという話ではなく、実際はそれよりも早く行って精子を注入しておいた方が良いみたいです。

なぜなら、排卵と同時よりも、前もって精子を注入していた方が、卵子が排卵によって放出された際に精子とスムーズに出会って受精しやすくなるからです。

なんでも、精子が射精されてから受精可能になるまで5~6時間かかることや、卵子は受精できる時間が排卵から6~8時間に限られていることが、大きく関係しているのだとか。

となると、実際のところ、ドゥーテストがくっきりとした陽性反応を示してから、何時間くらいすれば性交渉のベストタイミングとなるのでしょうか?

調べたところ、精子の受精可能時間は(受精可能になるまでの時間を除き)1日から1日半と、卵子よりもかなり長いため、排卵の24時間前くらいに注入しておくのが、一番妊娠成功率が高いとのことでした。つまり、濃い陽性反応が出てから大体12時間と言ったところだと思います。

36時間と聞けばなんだか余裕なような気もしますが、諸々計算するとかなりシビアなんですね。