排卵直前じゃないのに陽性になっている場合

初心者におすすめの排卵検査薬としては、まず「ドゥーテスト(ロート製薬)」が挙げられるそうですね。他の日本の排卵検査薬に比べ販売歴が長く、お手頃価格で購入できるからです。加えて、大きな理由がもう1つ。

それは、ドゥーテストの感度が、日本製排卵検査薬の中でも丁度中位だからです。排卵が近付くにつれて黄体ホルモンの分泌は活発になりますが、かなりその量には個人差があると聞きますから、確かに最初は中位の感度のものを使った方が無難そうですね。

しかし、ドゥーテストがいくら中程度の感度で、使用できる人の幅が広いとは言え、上手くいかず7日間ずっと濃い陽性だったというケースも多々あるそうです。

つまり、その人は通常よりも、黄体ホルモンの分泌量が多いということですね。それ故にドゥーテストでは上手くタイミングがはかれなかった場合、次はドゥーテストよりも感度の低いものを選ぶことになると思います。

そのような排卵検査薬としては、「チェックワン(アラスク)」が挙げられるみたいです。なんでも、ドゥーテストが30 IU/Lから検出できるところ、このチェックワンは40 IU/Lからじゃないと検出できないようになっているのだとか。

そのため、ドゥーテストでずっと濃い陽性だった人も、チェックワンを使ったら上手くタイミングはかれることが多いとのことでした。